• 国際教育研究機構

    We are your Guiding Light for International Education.

  • 国際教育研究機構とは

    What We Do

    理念

    平和の指数

    インターナショナルスクールの歴史を調べると平和な時代に経済成長とともに校数が増えています。

     

    そのことからも、インターナショナルスクールの校数は、平和の指数ともいえます。


    国際教育の普及は、将来の平和への投資といえます。

    国際教育研究機構は、将来の平和を築く人材を育成する教育機関をサポートしていきます。 

     

    機構の役割

    3つの役割

    1.インターナショナルスクール、国際的カリキュラムを導入している学校を研究しています。

     

    2.帰国生、外国籍生徒、一般生を対象とした教育機会を研究しています。

     

    3.インターナショナルスクール、ナショナルスクールの調査、研究をしています。

  • インターナショナルスクールを取材して

    圧倒的なインターナショナルスクールの取材歴から、国際教育研究機構は、社会に対して国際教育インフラを提供して参ります。

    インターナショナルスクールを経営して

    インターナショナルスクールを実際に経営し、教職員採用、カリキュラム開発、生徒募集のソフト面から、用地選定、校舎建築、法令上の安全、衛生基準、防火・耐火基準なども開校プロジェクトでノウハウを持っています。

    インターナショナルスクールの学童保育を運営して

    インターナショナルスクールのアフタースクール を運営し、アフタースクール に求められる教育品質、ケアなどを運営から知るとともに、英語で学べるプログラムをスポーツ、音楽、アート、STEAM教育などからひとつのアフタースクール プログラムに編成。

    アフタースクール だからこそ求められる高いハードルがあります。

    その実務ノウハウを国際研究機構は、経験からノウハウを積み重ねています。

  • 私たちの活動

    プロジェクト、特長、クライアントなどを紹介しましょう。

    Yahoo!ニュース

    2020年11月8日

    記事:電子決済普及で「お釣り」が分からない子ども増加? 大人になって困らない? に掲載されました。

    フジテレビ「ホンマでっか!?TV」

    12020年0月21日

    フジテレビ「ホンマでっか!?TV」最新教育事情に国際教育評論家として登壇させていただきました。

    東京都練馬区立石神井中学校の恩師、尾木ママこと尾木先生とスタジオで35年ぶりにお会いさせていただきました。
    中学生だった頃から真摯に現場に向き合っていた尾木先生。
    「ホンマでっか!?」でもどのように登壇するのか、などご教授いただきました。

    AERAオンライン

    2020年9月24日

    日本にイギリスの名門校がインターナショナルスクールを開校する計画があります。
    イギリスのウィストン・チャーリル元首相などイギリスの王族、貴族、富裕層が通う名門校が日本にインターナショナルスクールの分校を開校すること。

    そのインパクトは、大きなものがあります。

    日本人のみならず、海外からも生徒が応募してくるため、グローバル化した多様な生徒構成になりそうです。

    詳しくは、AERAオンラインをご参考ください。
    あの英国の名門校が、日本にも開校! インターナショナルスクーhttps://dot.asahi.com/dot/2020091700005.html

    朝日新聞出版「AERA English特別号『英語に強くなる小学校選び2021』8月31日発売 に掲載されました。

    2020年9月1日

    コロナ禍で教育環境が激変するいま、先進的な英語教育を行う私立小学校やインターナショナルスクールについて特集します。

    子どもの将来を見据えた学校選びをアドバイスする1冊の「AERA English特別号」のボーディングスクール、インターナショナルスクールについてコメントをさせていただきました。

    「プレジデント オンライン」に掲載されました。

    2020年5月26日

    2020年5月26日付プレジデントオンラインの記事にコメントを掲載していただきました。

    「新卒でいきなり年収600万」進学も就職も強い"9月入学イン「新卒でいきなり年収600万」進学も就職も強い"9月入学インター"のお得度

    新型コロナの影響で、「9月入学」のインターナショナルスクールや国内外のボーディングスクール(全寮制)が注目を集めています。

    一般的に学費は高額ですが、格安のオンラインコースや学費無料のインターも登場しています。

    「インター生向けの就職枠もある」という現実とは――。

    「週刊女性」に掲載されました。

    2020年5月20日

    コロナにより日本の教育制度が揺らいでいます。

    新年度を4月始まりから、9月始まりにした場合についてコメントが掲載されています。

    記事タイトル「コロナ休校で高校生がつぶやいた『9月新学期論』、実現するとどうなる?」にコメントを掲載させていただきました。

    週間女性プライムにてオンライン記事としても掲載されています。

    「週刊女性プライム」記事リンクhttps://www.jprime.jp/articles/-/17729?display=b

    「プレジデントファミリー」に掲載されました。

    2020年3月5日

    2020年3月 5日発売の「プレジデントファミリー」の「受験大混乱! わが子がトクする進路」のインターナショナルスクールについてコメントを掲載していただきました。

     

    国内で新たな教育機会となるインターナショナルスクールとボーディングスクールについてご説明させていただきました。

    今後、開校ラッシュを迎えるボーディングスクールについても一覧として掲載されています。

    ぜひ、ご一読ください。

    日本経済新聞に「インターナショナルスクールが増える理由」が掲載されました。

    2019年2月15日

    日本経済新聞社に「なぜ、インターナショナルスクールが増えているのか」についてインタビューで答えさせていただきました。
     

    インターナショナルスクールが増えるのは、日本だけではありません

    実は、世界中で増えています。
    例えば、中国。
    さらに中東やアジア、さらに南米などです。

    なぜ、アメリカやイギリス、フランス、ドイツでインターナショナルスクールよりもいわゆる新興国で増えているのか?

    その理由として、グローバル化と新興富裕層の増加が考えられます。
    すなわち、国として公教育インフラを整えるのが優先されます。
    それに対し、新興富裕層は、グローバル化の進展共に国際教育を求めるのです。

    その結果、新興国でインターナショナルスクールが急激に増加しています。
     

    先進国であまり増えないインターナショナルスクール

    一方、先進国のアメリカやイギリスなどはそもそも英語圏のためインターナショナルスクールに入る必要が少なく、さらにドイツではドイツ語で学べる環境がほとんど学費がかからない状況で大学まで用意されています。

    すなわち、先進国ほど教育インフラが完成しているために、インターナショナルスクールが増えにくい構造になっています。

    新興国でインターナショナルスクールが増える理由。
    それは、新興富裕層とグローバル化に理由があります。

    さて、日本ではどうなるのでしょうか。
    大学入試や小学校の英語科目化で「英語」は変わりますが、あくまでも英語です。

    新興国のようにインターナショナルスクールが増える状況ではないようです。

  • 主任研究員は、インターナショナルスクール領域で活躍しています。

    編集長、経営者、投資家です。

  • お問合せ

    〒190-0022 東京都千代田区丸の内1丁目11−1 

     パシフィックセンチュリープレイス丸の内

    東京駅にあるパシフィックセンチュリープレイスに弊社の東京オフィスがあります。